「 海は神秘的だ 」一覧

海は神秘的だ

0%の魚 イスズミ編最終回

イスズミ、ミナミイスズミと出ればノトイスズミを出さないわけにはいかない。

ちょっとわかりにくく少し若めのノトイスズミの写真をお見せします。

イスズミとミナミイスズミよりも少し内湾の浅瀬でよく見られます。当然これをリクエストするダイバーはいません。

そもそもテンジクイサキ、イスズミ、ミナミイスズミ、ノトイスズミのイスズミの仲間たちは、ダイバーにとって背景の一部として見ていると思うので、その存在すら認知されてないんじゃないかなぁ~。

それにしても、こんな0%の魚の紹介を続けて大丈夫なんだろうか。
このブログ、誰も見なくなってしまうかも。。

 

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを叩き込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

0%のお魚さん

この時期に南岸低気圧がやって来ると東京は雪。八丈島は「わーい、ナズマド入れるよ!」となる。

せっかくなのでザトウクジラ狙いでナズマドへ行ってきました。

もちろん会えなかったけどね。

もう一つの狙いは0%のお魚さんの写真を撮る事。ザトウ狙いだから身軽にコンデジだけしか持って行かなかったので、コンデジでの撮影となりますがね。

浅場に沢山いるイスズミたち。ありふれた普通種で地味なのでダイバーには相手にされません。今までリクエストどころか、あの魚何ですかって聞かれたこともありません。

そんなイスズミの中に、イスズミそっくりなミナミイスズミが混じっています。

最初はそっくりすぎてミナミイスズミの存在すら認識していなかったけど、識別できるようになったら、あらら、結構八丈島にもいるのね、って気か付くようになった。

識別できるきかっかけは、豆南諸島に行ってミナミイスズミをたくさん見たことかな。

やっぱり水中で生で見るのが一番だね。

でも「私ミナミイスズミが見たい」とか「イスズミが見たい」なんてリクエストはこれからもないと思うのでネタにはならない。

だからガイドの合間の楽しみってことかな。

さて質問です。下の二枚の写真はどちらかミナミイスズミでどちらがイスズミでしょう。

ちなみに写真ではかなりわかり易いんだけど、水中ではまず識別はできないと思うよ。

 

 

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを叩き込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

0%のお魚さん

八丈島の方言では「オバビロ」と呼んでいる標準和名「テンジクイサキ」です。
イサキって付いているけどイスズミの仲間。

この魚、波当たりの強い浅場だったらどこでも見られる普通種だけど、あまりにも普通にいてとっても地味なので、いままで一度も見たいというリクエストを頂いたことがありません。

そんなネタにもならない魚でも、面白い生態をしているんですよ。

写真の子の体側を見てください。白い斑点が沢山あるでしょ。

この斑点は真っ白になるかと思えば、一瞬で消えてしまうのです。実は砕ける波が泡立つ時に白い点々を出して、その砕けた白波に同化するのです。

これ鳥に見つからないようにカモフラージュしているんですよ。
どうしてそんなカモフラージュをしてまで砕ける荒波の浅いところに来るかというと、そこには彼らの大好物のハンバノリが生い茂っているからなんです。
時々岩に乗り上げちゃんうじゃないかと思うほど、波打ち際まで来ることも。そんな時は白い点々は真っ白になり、僕は砕ける波なんですってな感じで、ハンバノリをむしゃむしゃ食べているのです。

 

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを叩き込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

100%のお魚さん

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

さて2021年最初の気ままには、出たら必ず見せる100%のお魚さんです。

ただこれもガイド側が「これ絶対見せなきゃ」と勝手に思っているだけで、見せたからと言って必ずしも「おーっ!!!凄い!!!」とは思ってくれないゲストもいるはず。

おそらくこの魚を知らないゲストにとっては「なにこれ」と頭の中に?マークがいっぱい出て終わることや、そもそもマクロ興味ないゲストにとっては、鼻にもかけないだろう。

なのでやっぱりガイド側の「よーし見せたぞ!」と満足しているだけかも知れない。

まぁでも60%くらいは喜んでくれると思うのでよしと言う事にしておきます。

 

 

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを叩き込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

1%にも満たない魚 ブダイ編

1%にも満たないリクエストというよりも、そもそもそいつが何であるかもわからないと言うのが正解かも。

別にそれが分かったからと言ってガイドのネタになるわけでもなく、自己満足の世界、わけわからなすぎる種類の解明が楽しみの一つなんです。

そんな子たちをガイドしている最中に「今日も元気にオジサンと仲良く泳いでいるね」とか、「大分大きくなったなぁ」とか「成魚の色が出てきたぞ! もっと大きくなれ!!」という感じで見守っているんです。

この子は八重根のアーチ手前にいるオオムブダイの若魚です。

随分大きくなりました。あと一息で卵を産めるメスになれるかも。そういえば今年はオオムブダイのオスが目に付くなぁ~。

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを畳み込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

1%の魚 おハギさん

ニザダイ科、勝手にこの仲間を「おハギさんと呼んでいる」は、ゲストに見せることのない種類が多い。

そもそも見せたところで興味を示してくれず、もちろんリクエストもない。

写真はそんなニザダイ科のイレズミハギである。

このおハギさん、八丈島では極めて珍しく、十数年前に「検潮所」というポイントで初めて見たときは「八丈島でもこんな種類もいるぅぅぅ」と喜んだのを思い出す。

それ以来一度も姿を見ることがなかったけど、今年の春ごろからナズマドで若魚がぽつぽつ見られ、今では成魚まで育って10匹くらいの群れで行動するようになったんですよ。

いや~、うれしいのなんの。ナズマド潜る度に「今日も元気に暮らしているねぇ」って目を細めている次第です。

あっ、これ私だけの楽しみ。なのでお見せすることはありませんけどね。

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを畳み込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

1%もない魚

多分今まで一度もリクエストを頂かいていない魚だと思う。

そもそも、この子の名前が分かったのも2016年に出版した「ベラ&ブダイ」の丁度2年前ほどです。

やっきになってブダイの仲間たちを調べていたなぁ~。幼魚から若魚、成魚まで、どのように体色が変化して行くか。成魚でもオスとメスとでは別種と思えるほど色彩が異なっていた。

それを追求するのが楽しくて楽しくて♪夢中になっていました。

あっ、この子ね。タイワンブダイの若魚です。このステージが分かってから、八丈島に結構いることが分かった。

今年も若魚ステージまで成長して、毎回会うのを楽しみにしてます。

いつか八丈島でも大人になって、オスに性転換して、あの衝撃的に婚姻色を見せてくれるのを夢見いてます。

石垣島で、あの衝撃的なオスとの出会い。今でもドキドキするくらい素敵な婚姻色だったなぁ~。

スタッフ募集中!!!

ダイビングのノウハウから海の生き物、カメラの撮影術、すべてを畳み込みたいと思ってます。挑戦者はいるかなぁ~。。笑
将来ダイビングで食っていくんだーっていう鬼殺隊、じゃなかったスタッフだね。柱を目指そう!!!

騙されないもんね♪

最近ナズマドにニセクロスジギンポがよく見られる。

ホンソメワケベラに擬態するニセクロスジギンポ。あまりにもそっくりなため、クリーニングを求めやって来る魚は後を絶たない。
狙うはやって来た魚の皮膚。ウロコ事かじり取るからたまったものではない。

気持ち良い思いが一点激痛となるわけだ。騙される魚が悪いのか。いや絶対騙されるって。

だって人間だって騙されるんだから。まじそっくりだから。

そのニセクロスジギンポ。数が多いせいか、ホンソメワケベラの幼魚化ける奴も出てきてしまった。

こちらの方がもっとそっくりなので、多分みんなホンソメワケベラの幼魚と思ってるだろうね。

でも私は騙されません。その決定的な写真がこちら。

 


ヒレ広げたら、やっぱりギンポだね。

 


TGを使ってみる

長年コンデジはキャノンのS100を使っていたけど、ハウジングが大分傷んできて水没気味。
まぁオーバーホールに出せばよいのだが、この際だからTGを使ってみよう思い立ったのである。

まずはTG4から。

まぁ撮れるは撮れるんだけど、条件によってはなかなか適正の露出を求めてくれないこともあるんだな。

とりあえずしばらくはいろいろと試してみようと!
それにしてもマクロ撮影はずば抜けてよいかも。

 


眼のトレーニング

連休は海は大荒れで、湾内の神湊のみとなる。

透明度5m、最大水深6m、水底はドロドロの泥質帯。

八丈島の海とは思えない環境である。

でもここは、羊のようなウミウシの宝庫である。

一体どれだけいるのであろうか。テングモウミウシ、ネオンモウミウシ、クサイロモウミウシ、ウサギモウミウシ。

一か所に30匹くらい集まっているところもあるほど沢山の羊くんが見られる。

とは言っても2mmから大きくても8mmくらいかな。もちろんその大きさなので肉眼で種の確認は無理だね。
眼のトレーニングにはよいかも。。